まずはここから。200字プロフィールのすすめと書き方


200字プロフィールをすすめる理由  


プロフィールは起業家にとって、自分の専用の羅針盤のようなもの。迷ったり悩んだりした時に進むべき道に立ち戻らせてくれる軸となるのはもちろん、ビジネスを加速させてくれる心強い味方です。ブログに、ホームページに、1日でも早く書いていただきたいのが本音です。 


とはいえ、いきなり1000字ほどのストーリー式のビジネスプロフィールを書くのは…ハードルが高いかもしれませんね。


まずは200字から始めませんか? この基本形が完成すれば、Facebookやインスタグラム、ツイッターなど、SNSのプロフィールにもアレンジが利きます。 

書き方のコツ、おすそ分けです。 



コンパクトなプロフィールの書き方は「履歴書」スタイル


参考にしたいのが「履歴書」です。 記入項目を順にまとめるだけで、200字ほどのプロフィールが出来上がります。


書き出したいのは、この5項目。


  1. 生まれた年(必要に応じ出身または現住所の都道府県も) 
  2. 最終学歴
  3. 職歴
  4. 資格
  5. 特技・趣味  


1~5すべてを書くと文字数オーバーになる場合は、職歴を除くいずれか1項目を削ってもOK。最終学歴や特技・趣味を削るケースが多いでしょうね。記事をまとめる上で、どうしてもボリュームが出やすいのは「職歴」の部分。今の仕事に関連性の高いものに絞ってくださいね。  


私(番藤芳江|響縁プロフィールライター)を例に作成するとこんな要領です。 


1973年生まれ。 山口大学卒業後、東京へ。シンガーソングライターを目指し作詞作曲を学ぶかたわらコールセンターで勤務、講師を務める。転職後の広報宣伝業務で新聞・雑誌・ラジオ等インタビューを多数経験。書き方・傾聴・話し方のスキルを磨き、2016年に独立。取材を軸に、個人事業主の起業の原点・使命に迫る「心に響く」ビジネスプロフィール作成サービスを提供中。コーチング・カウンセリング1級。上方落語ファン。



いかがでしょうか。ここに、履歴書とは切っても切れない「志望の動機」を加えて推敲すると、ストーリー型のビジネスプロフィールに仕上がります。 



雑誌やフリーペーパー掲載のプロフィールも参考にアレンジを  


ふだん手にする雑誌やフリーペーパー。インタビュー記事などに添えられているプロフィールも、注意して読むとこの「履歴書」スタイルの書き方・考え方をベースにまとめられているものが多いことに気づくはず。


バリエーションはそちらを参考に。雑誌ごとに重視するポイントが微妙に違うものです。見比べてみるのもまた、一興ですね。作家や俳優だと、最新作の告知が文の最後に添えられていることもよくあります。…それはともかく。 


プロフィールは起業家にとって、迷いを断ち、ビジネスを加速させる羅針盤。

まずは、あなただけの「200字プロフィール」完成させてくださいね。

書き上げた頃には、1000字レベルの記事の原型もきっと、見えてきますから。


一人で書き上げるのが難しいと感じた時は、お気軽にご相談ください。



番藤芳江のプロフィールプロフィール作成実績お問合せお申込み

ことばのデザイン事務所 てにをは工房

使う言葉で人生もビジネスも変わります。 あなたの思い、お客様の心にもっと響かせませんか? LP、ステップメール、プロフィール、セミナー台本作成など 各種ことばのデザインで、集客・販売のお手伝いをいたします。 お気軽にご相談くださいませ。 セールススピーチライター 番藤芳江

0コメント

  • 1000 / 1000